アイフォーン2万キロの旅に感動

 アメリカで穀物の中にアイフォーンを落とし、日本の工場で発見され、
無事、持ち主に返されたそうです。なんと、なくされたアイフォーンの中には
昨年3月にあった娘さんの結婚式で撮影した思い出の写真が多数
あったそうです。本当に良かったです。
 感動ニュースをご紹介します。

YAHOOニュースより
米南部オクラホマ州で農業を営む男性(53)が昨年10月、穀物の中に落として
紛失したiPhone(アイフォーン)が、今年6月に穀物の輸出先の北海道の工場で
発見され、男性の元に無事に戻るという「奇跡」があった。約2万キロの旅の果て
に無傷で戻ってきたiPhoneを手に、男性は「アンビリーバブルだ!」と喜んでいる。
 なくしたiPhoneが太平洋横断2万キロの旅を経て、再び自らの手の中に。
 オクラホマ州の地元テレビ局KFORなどによると、田園風景の広がる小さな町
チカシャで農業を営むケビン・ホイットニーさん(53)は昨年10月、大量の穀物を
トラックから倉庫に移す間にシャツの胸ポケットからiPhoneを落としてしまった。
 iPhoneは穀物に紛れたままトラックで出荷。アーカンソー川、ミシシッピ川を越え、
ルイジアナ州の集積所へ。そして、日本行きの船に積まれると、パナマ運河を通って
太平洋を横断した。
 茨城県の鹿島港に到着後、運ばれた北海道の製粉所で所員に偶然にも発見された。
製粉所は、全国農業協同組合連合会(JA全農)を通じて、ルイジアナ州にある同連合会
の関連会社の責任者へと返送した。
 責任者のエリック・スレイターさんはiPhoneを充電し、起動させてデータを確認。残されて
いた文面や写真などから持ち主をホイットニーさんと特定した。
 「永遠に戻ってくることはないと思ったから」。すぐに同じiPhoneに買い替えたホイットニー
さんだったが、なくしたiPhoneの中には昨年3月にあった娘ケイティーさんの結婚式で
撮影した思い出の写真が多数入っており、ずっと悔やんでいたという。
 無傷で戻ってきたiPhoneを再びシャツの胸ポケットにしまったホイットニーさんは
「クレイジーだ。アンビリーバブルだ。ホントにショックを受けているんだ。世界はなんて
小さいのだろう、とね」と驚き、感謝している。

 なべ


ブログランキング参加中!皆様のクリックお願いします。!よろしく!
にほんブログ村 経営ブログ 青年会議所・商工会議所へ
にほんブログ村




FC2Blog Ranking
ブログランキング参加中!皆様のクリックお願いします。よろしく!



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

tag : 落し物 アメリカ アイフォーン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トライフィット

Author:トライフィット
渡邉 好唯 
株式会社トライフィット 代表取締役 
各務原商工会議に15年勤務後志を持って退職。
平成13年8月株式会社トライフィットを設立。
現在では、コンサルタント、セミナー講師の他に、人材派遣業事業などを手がける。年商2億円

なべの最近1週間の仕事開始時刻
生活改善中!「早起き生活」
早起き生活
Powered by 早起き生活
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログランキング参加中!
FC2ブログランキング
ブログランキング登録中!

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
株式会社トライフィット

Facebookページも宣伝
Yoshiyuki Watanabe

バナーを作成
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ウィジェット