円安効果、丸太輸出が急増

 円安が進み、円安不況、企業倒産が危ぶまれる、昨今。
以外に知られていませんが、国産材の丸太輸出が急増しているそうです。
 円安によるお得感、中国の住宅ブームなどが主な要因です。
林業はひえいしっきっていたのでこれを機に何とか活気を戻して
欲しいですね。そうなれば、日本の山もまた、整備しなおされ
 綺麗な山が戻ってくれる事を期待したいです。

 なべ

日本木材新聞社より
国産材の丸太輸出が急増している。今年1~5月の累計は7万㎥で前年同期比
43.6%増となっている。丸太輸出の45%が台湾向けで、中国、韓国も増加している。
輸出増の最大の要因は為替が円安に振れたことで価格競争力が高まってきたことにある。
 製材品の輸出は逆に1~5月の累計で2万1,000㎥(同29.9%減)にとどまっており、
主な輸出先の中国、フィリピンがともに減少している。
 日本からの木材輸出が注目されるようになった要因としては、中国の木材市場が
経済発展とともに拡大していったことが大きい。新たな市場を求めていた国産材の仕向先としての
位置付けや、それ以前は安価な労働力を求めて、原料を輸出して製品を輸入するブーメラン輸出
という形態での国産材輸出が始まった。しかし、中国の住宅需要をターゲットにしていくためには、
中国の木構造規範に樹種が記載されることが必要と分かり、日本木材輸出振興協会
(安藤直人会長)が中心になって、樹種追加への取り組みを行ってきた。
 林産物輸出について農林水産省は「攻めの農林水産業」をかかげ、2020年に250億円の
目標額を設定した。この数字には乾しいたけなども含まれているが、12年の輸出額は124億円で、
うち木材は93億円と全体の75%を占める。20年の250億円の内訳は示されていないが、木材では
中国、韓国を重点国として挙げている。これまで中国では杉、桧が、構造材として木構造設計規範に
明記されていないことで販売できなかったが、その改正が早ければ今年度中にも行われる見込みで、
農林省は日本式工法住宅の普及を通じた国産材の輸出を促進したい意向だ。
 特集では、各地の国産材輸出の取組みを取り上げた。

 

ブログランキング参加中!皆様のクリックお願いします。!よろしく!
にほんブログ村 経営ブログ 青年会議所・商工会議所へ
にほんブログ村




FC2Blog Ranking
ブログランキング参加中!皆様のクリックお願いします。よろしく!



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

テーマ : 岐阜県
ジャンル : 地域情報

tag : 丸太輸出 円安効果 林業

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トライフィット

Author:トライフィット
渡邉 好唯 
株式会社トライフィット 代表取締役 
各務原商工会議に15年勤務後志を持って退職。
平成13年8月株式会社トライフィットを設立。
現在では、コンサルタント、セミナー講師の他に、人材派遣業事業などを手がける。年商2億円

なべの最近1週間の仕事開始時刻
生活改善中!「早起き生活」
早起き生活
Powered by 早起き生活
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログランキング参加中!
FC2ブログランキング
ブログランキング登録中!

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
株式会社トライフィット

Facebookページも宣伝
Yoshiyuki Watanabe

バナーを作成
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ウィジェット